輸送の安全にかかわる情報の公表

平成30年4月1日
株式会社ウイングスロケサービス

 
1.輸送の安全に関する基本的な方針
輸送の安全の確保が事業経営の根幹である。
安全の確保を一歩ずつ確かなものにして行く企業運営を目指す。
ロケバス事業の適正な運営を行うことによって、会社の事業目的である社会貢献を実現します。
 
2.安全運行への取り組み

  1. 輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守すること。
  2. 輸送の安全に関する内部調査を行い、必要な是正措置又は、予防措置を講ずる。
  3. 輸送の安全に関する教育及び研修の計画を作成し、これらを的確に実施する。

 
3.輸送の安全に関する目標及びその達成状況
◎重大事故、(自動車事故報告規則第2条に規定する事故)
目標・・・平成28年度  0件  実績  0件
目標・・・平成29年度  0件  実績  0件
◎物損事故(過失による)
目標・・・平成28年度  0件  実績  2件 (28.11/11 28.12/21)
目標・・・平成29年度  0件  実績  1件 (29.12/05)
 
4.輸送の安全の為に講じた措置

  1. ドライブレコーダーの設置   平成25年度より全車設置済み
  2. デジタルタコグラフの設置   平成25年度より全車設置済み
  3. ASV(モービルアイ)の設置  平成29年7月に全車設置済み
  4. 健康診断年2回と40歳以上の2年1回の人間ドック受診、睡眠時無呼吸症候群の簡易検査実施(2017.3.月)。
    運転者の健康を維持確保する。
  5. AEDを常備し運転者、顧客の緊急事態に備える。(2018/3月設置)

 
当社は、旅客自動車運送事業運輸規則第47条の7項の規定に基ずき、処分の内容・講じた措置を公表します。

平成30年4月1日
株式会社ウイングスロケサービス

 
1.輸送の安全に関する基本的な方針
輸送の安全の確保が事業経営の根幹である。
安全の確保を一歩ずつ確かなものにして行く企業運営を目指す。
ロケバス事業の適正な運営を行うことによって、会社の事業目的である社会貢献を実現します。
 
2.安全運行への取り組み

  1. 輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守すること。
  2. 輸送の安全に関する内部調査を行い、必要な是正措置又は、予防措置を講ずる。
  3. 輸送の安全に関する教育及び研修の計画を作成し、これらを的確に実施する。

 
3.輸送の安全に関する目標及びその達成状況
◎重大事故、(自動車事故報告規則第2条に規定する事故)
目標・・・平成28年度 0件 実績 0件
目標・・・平成29年度 0件 実績 0件
◎物損事故(過失による)
目標・・・平成28年度 0件
実績 2件(28.11/11 28.12/21)
目標・・・平成29年度 0件
実績 1件(29.12/05)
 
4.輸送の安全の為に講じた措置

  1. ドライブレコーダーの設置
    平成25年度より全車設置済み
  2. デジタルタコグラフの設置
    平成25年度より全車設置済み
  3. ASV(モービルアイ)の設置
    平成29年7月に全車設置済み
  4. 健康診断年2回と40歳以上の2年1回の人間ドック受診、睡眠時無呼吸症候群の簡易検査実施(2017.3.月)。運転者の健康を維持確保する。
  5. AEDを常備し運転者、顧客の緊急事態に備える。(2018/3月設置)

 
当社は、旅客自動車運送事業運輸規則第47条の7項の規定に基ずき、処分の内容・講じた措置を公表します。